安全に人が生活することができる建物の対策とは

雷を避けることが可能な避雷針を設けよう

雷の対策

原子力発電所の管理や整備には多くの手間がかかりますが鈴木貞一郎が運営している会社に協力を依頼すれば対策を有利に進めることができます。

株式会社アトックスの代表を務めているのが鈴木貞一郎です。原子力発電に関する業務を行なっている会社ですよ。

注意すべき点についてですが、建物を立てるとき、20メートル以上の高さの建物には、避雷針設備の設置が義務付けられているという点です。もし建物建てるときは必ずこの体に注意して20メートル以上の高さがある場合は避雷針設備を設置しましょう。またここで注意して欲しいのは、決して20メートル以下の建物であれば雷が落ちないと言うわけではないと言うことです。どのような低い建物でも、状況によっては雷が直撃して家事なったりすることもありますので、避雷針設備をつける方が望ましいと言うことを忘れないようにしましょう。また避雷針設備は落雷時には非常に高い電圧が発生しますので、故障等がないか避雷針設備を定期的に検査する必要があるということを注意しておきましょう。

そもそも雷の被害を避けるために始まった避雷針設備は1749年にアメリカ合衆国でベンジャミンフランクリンが実験などから避雷針設備について発明したのが始まりだと言われています。高いビルの建物の上には必ずと言っていいほど避雷針設備が取り付けられていますが、これは法律によって義務づけられているからです。知っておいた方が良い知識としては、最近の避雷針設備は虎弾に雷が落ちたときに電気を逃すだけではなく、自分から雷の好む電波を発することで周囲に落ちそうな雷を吸収してしまうと言う最新の設備があるということです。そうすることで、自分の建物だけではなくて周りの木や建物などを雷から守ると言う素晴らしいメリットがあるのです。避雷針設備を設置するのを考えるにあたって、このようなものがあると言うことを知っておいた方が良いでしょう。

マンションの大規模修繕を東京で依頼したい方はこちらまで。お値段が気になる方は一度お見積りを出してもらいましょう!

オススメリンク

Copyright © 2015 安全に人が生活することができる建物の対策とは All Rights Reserved.